妊婦さんのシミとビタミンC誘導体

MENU

妊婦さんのシミと、ビタミンC誘導体

妊娠中の気になるシミに使用できる美容成分として比較的肌に優しく、安心して使えるのがビタミンC誘導体です。
ビタミンC誘導体は酸化しやすいビタミンCを肌に吸収されやすい形にしたもので、さまざまな化粧品に配合されています。

 

ビタミンC誘導体は肌に浸透し、細胞の中の酵素の力でビタミンCに変化していきます。

 

このことで、メラニンが作られる働きを抑制する効果があるのです。
シミやそばかすを薄くするだけではなく、色素沈着を防ぐ効果もあります。

 

また肌の真皮層で作られるハリ・ツヤのもとコラーゲンを増やして老化を防止してくれる効果があることもわかっています。

 

ビタミンC誘導体には水溶性ビタミンC誘導体と油溶性ビタミンC誘導体の他に二つの性質を併せ持った両親媒性ビタミンC誘導体の三種類があります。

 

水溶性ビタミンC誘導体の中には最近になって肌にあまり吸収されず、効果がほとんどないことが分かってきたものがあります。

 

アスコルビン酸グルコシド、グルコシド型ビタミンC誘導体と表記されているものがそれらの例です。

 

両親媒性ビタミンC誘導体は二つの水溶性と油溶性のメリットを併せ持つ形のビタミンC誘導体でAPPSという名前でも知られています。
両親媒性ビタミンC誘導体は肌に浸透しやすく、水溶性ビタミンC誘導体のように肌を乾燥させることもないので、シミそばかす対策として、最適と言えるでしょう。

 

APPSは出産後の体の黒ずみが気になる部分にもオススメです。

 

>>妊娠中のシミ対策におすすめのコスメはこちら<<