妊娠中のシミ対策に良い食べ物

MENU

妊娠中のシミ対策に良い食べ物

妊娠してから、シミが突然増えたような気がする…。
そんな風に感じたら、体の中からシミ対策ができるよう、食生活も見直してみましょう。

 

では、妊娠中のシミ対策に良い食べ物にはどんなものがあるでしょうか。

 

 

 

まずオススメしたいのがビタミンCを豊富に含む野菜や果物です。

 

  
ビタミンCはいちごやキウイ、レモンやカラーピーマン、パセリ、ゆずの皮などに多く含まれています。
ビタミンCはメラニンの生成を抑制するだけではなく、コラーゲンの生成を助けてハリのある肌をキープしたり、抗ストレス効果のある副腎皮質ホルモンの合成もサポートします。

 

妊娠中はイライラしたり、ナイーブになることが多いのでビタミンCはこまめに摂るようにしましょう。

 

その他にも肌のターンオーバーを促すビタミンA,Eもオススメです。

 

ただし、ビタミンAは大量摂取すると赤ちゃんに影響することが分かっているので注意しましょう。
一度の食事でニンジンを何本も食べたり、かぼちゃを丸ごと1個食べるなどしなければ問題はありませんが、摂りすぎには注意したいもの。

 

レバーやチーズ、のりなどがオススメの食材です。

 

またタンパク質も健康な肌を作るのに欠かせない栄養素です。
鶏肉や卵、豆腐や豆乳などの豆製品も積極的に食事に取り入れましょう。

 

手軽に栄養素が摂れるサプリメントは妊娠中の服用は避けるべきです。

 

面倒だなと思っても、おなかの赤ちゃんのために必要な栄養は食事から摂るようにしましょう。

>>妊娠中のシミ対策におすすめのコスメはこちら<<