妊娠中のおすすめスキンケア法

MENU

妊娠中のおすすめスキンケア

妊娠中は体がどんどん変化していき、心が追い付かずに不安になってしまう人も多いといいます。

 

普段はなんでもないことにナーバスになったり、愛用していた化粧品が突然肌に合わなくなるという人もいるでしょう。
肌の調子が悪くなると、ますます気持ちが不安定になってしまうこともあります。

 

 

では、妊娠中はどんな点に注意してスキンケアをすればよいのでしょうか。

 

妊娠初期は特に肌が敏感になり、いつもは問題なく使えていた成分でも肌がかぶれたり、ピリピリしたりすることがあります。

 

こんなときは、敏感肌用のラインに切り替えて症状を悪化させないようなスキンケアを心がけましょう。
妊娠中は匂いが気になるという人も多いので、無香料のラインや天然の香りでリラックスできるようなアイテムを選ぶのがおすすめです。

 

人工的な香料はこの時期、避けたほうが無難でしょう。

 

また肌が敏感になる分、普段より紫外線防止ケアもしっかりとしたいものです。
ただし、SPF値が高すぎる日焼け止めは肌に負担をかけることがあるので、SPF30程度のものをこまめに塗りなおすようにしましょう。

 

敏感肌用のコスメというと、効果がゆるやかなイメージがありますが、最近のものはしっかり効果を実感できるものも多くなってきています。
ディセンシアの薬用美白ライン・サエルなら妊娠中でも安心して使えるほどの優しい使い心地で、天然成分が内側からシミのできにくい肌に導いてくれます。

 

また、ヒト型セラミドも配合されているので、美白ラインは乾燥が気になるという方にもオススメです。