妊娠中のレーザー治療

MENU

妊娠中のレーザー治療はどう?

妊娠中にできやすい、くっきりとした濃いシミ。

 

出産後、どうしても気になるのでレーザーでシミ取り治療を行うという人もいます。
では、妊娠中にできるシミにレーザー治療は有効なのでしょうか。

 

レーザーの治療ができる美容クリニックの大半が妊娠中・授乳中の施術は実施していません。
シミ取りのレーザー自体が母体や胎児に影響を与えることはないとされていますが、実例が少ないため、確実に影響がない!とは言い切れないからです。

 

またレーザー治療は痛みもあります。
この痛みや照射時の緊張がストレスになったり、ベッドへ昇降することへの危険なども考慮して、出産・授乳後に治療を勧めているところがほとんどです。

 

またレーザー治療は施術後は肌が赤くなるダウンタイムもあります。
アフターケアとして、レチノールやハイドロキノンを配合した化粧品や内服薬を処方されることもありますが、これらの成分も妊娠中は使用を控えた方がいいとされています。

 

また、妊娠中のシミはホルモンバランスの変化によるものが大きいので、出産後ある程度の期間をおいてホルモンバランスが元に戻ってからでないと、治療の効果が現れにくいと言うこともできます。

 

妊娠中は肌に優しい美白化粧品を使用するなどして、肌を刺激しないケアに努めましょう。

 

どうしてもレーザーでシミを消したい!という方は、出産・授乳を終えてからクリニックで相談してみてはどうでしょうか。

 

ただし、妊娠性であっても肝斑の場合はレーザーで悪化してしまうこともあるので、医師とよく相談することが大切です。

 

>>妊娠中のシミ対策におすすめのコスメはこちら<<