妊娠性肝斑とトラネキサム酸

MENU

妊娠性肝斑とトラネキサム酸

妊娠中に起こりやすい肌トラブルのひとつ、妊娠性肝斑。妊娠性肝斑はできるメカニズムがシミとは異なるため、シミとは別のケアが必要だと言われています。

 

紫外線対策や普通の美白美容液の効果がほとんどない、頬骨にそって左右対称にシミができているとしたら、それは肝斑かもしれません。

 

妊娠性肝斑のケアに効果があると言われている成分がトラネキサム酸です。

 

トラネキサム酸は薬用アミノ酸の一種でじんましんや湿疹などの治療にも用いられている成分です。
妊娠性肝斑だけではなく、普通のシミや老人性のシミにも効果があり、美容皮膚科では内服薬を使って治療をするところもあります。

 

トラネキサム酸を配合した美容液やイオン導入用の化粧品もホワイトニング化粧品として人気があるので、目にしたことのあるかたも多いのではないでしょうか。

 

化粧品に含まれるトラネキサム酸の量はそれほど多くありませんが、妊娠中に使用して胎児に影響を与える可能性がどのくらいあるかは、はっきりとわかっていません。

 

美容皮膚科で妊娠性肝斑の治療としてトラネキサム酸を用いているところも、妊娠中は治療できないとしているところが多いようです。

 

妊娠中に肝斑かな?と思うシミが浮かんできても、トラネキサム酸の使用は控えて、紫外線対策をしっかりとしながら、肌に優しい美白成分を配合した化粧品でケアするようにしましょう。

 

妊娠性肝斑の治療は出産後でも遅くありません。

 

また妊娠性肝斑はレーザーの治療が適していないと言われています。

 

シミかな?と思ってレーザーで治療を受けると悪化することもあるので注意しましょう。

 

>>妊娠中のシミ対策におすすめのコスメはこちら<<