妊娠と敏感肌

MENU

肌がいつもと違う状態になるのが妊娠中です。

妊娠と敏感肌

普段はトラブルのない肌なのに妊娠してから突然、敏感肌になってしまうという人もいます。

 

また普段から敏感肌という人は妊娠して肌がさらに刺激に対して弱くなることもあるようです。
妊娠中はホルモンバランスが変化するため、ちょっとしたことで肌の状態も変化しやすくなります。

 

いつも使っていた化粧品が肌に合わないと感じたら、さらに刺激の少ないアイテムに切り替えるなどして、肌をいたわってあげるようにしましょう。

 

 

 

 

妊娠初期は特に肌に変化が現れやすいと言われています。
体温が高くなって汗をかきやすくなるため、肌が乾燥してかゆみを感じることもあります。

 

顔の肌がいつもより突っ張るという人もいるでしょう。
なかには妊娠中、全身がむず痒く感じるという人もいるほどです。

 

また吹き出物やかゆみのある湿疹が出ることもあります。
症状がひどい場合は、皮膚科の診察を受けるようにしましょう。その際、妊娠中であることを医師に告げるのを忘れないようにしてください。

 

敏感肌の人は肌の老化が進みやすいと言われています。
この時期は刺激の強いアイテムの使用は避け、穏やかに肌をケアしてくれるアイテムに切り替えるのがオススメです。

 

ポーラの敏感肌化粧品ディセンシアは妊娠中も安心して使うことができるとプレママの間でも人気を呼んでいます。
特に人気があるのが美白ライン・サエルです。
シミやくすみができやすいこの時期、肌を刺激することなく、メラニンの生成を抑えて肌の中からシミにアプローチしてくれます。

 

正しいケアをせずにいると、そのまま敏感肌になってしまうこともあります。肌に優しいアイテムを使って健やかな肌をキープしましょう。

 

>>妊娠中のシミ対策におすすめのコスメはこちら<<