アルブチン

MENU

アルブチンの効果

美白成分の中でも安全性が高いのがアルブチンです。
アルブチンにはαアルブチンとβアルブチンの二種類があり、αアルブチンの方が効果が高いとされています。

 

βアルブチンは昔から知られている成分でコケモモや漢方薬としても用いられるウワウルシなどから摂れる成分で、
メラニンを作り出す酵素チロシナーゼの発生を抑える効果があると言われています。

 

これに対しαアルブチンは製菓メーカーである江崎グリコがハイドロキノンにブドウ糖を転移させて作った成分で、国際特許出願されている新しい成分です。

 

成分も安定しており、肌への刺激もほとんどありません。
αアルブチンはβの10倍以上ものメラニン抑制効果があるとも言われ、αアルブチンを使用した化粧品はβアルブチンのものよりも価格も高めになっています。

 

またアルブチンはビタミンC誘導体と合わせることで、より高い美白効果が期待できると言われています。
妊娠中でも安心して使える人気美白ライン、アンプルールの美容液ラグジュアリーホワイト・薬用アクティブフォーミュラもアルブチンとビタミンC誘導体、ヒアルロン酸などの保湿成分を組み合わせて配合することで、よりスムーズに透明感のある肌に導いてくれます。

 

アルブチンもビタミンC誘導体も妊娠中の女性でも問題なく使える安全性の高い成分です。

 

妊娠してから肌が敏感になった気がするけれど、しっかり美白したい!という方はこの2つの成分を配合したコスメを選んでみてはどうでしょうか。