妊娠中のシミ 出産後にはもとに戻る?

MENU

シミを定着させないために、妊娠中のケアが大切です。

妊娠中のシミ 出産後にはもとに戻る?

妊娠中は心も体も普段よりデリケートになりがちです。

特定の食べ物が食べたくなったり、普段は何も感じない臭いに敏感になったり…。

 

化粧品も普段使っているものが合わなくなったり、香りに耐えらなくなって、スキンケアが面倒になってしまった…という声もよく聞きます。

 

しかし、妊娠中は普段よりシミやそばかすができやすい状態になっています。
妊娠中にできたシミを定着させないためにも、肌に合ったお手入れをしなければなりません。

 

では妊娠中にできたシミやそばかすは出産後、元に戻るのでしょうか。
妊娠を維持するために分泌されていた黄体ホルモンは出産後、徐々に元の状態に戻ります。
このことで、自然と目立たなくなるシミも多いようです。

 

しかし、だからといってUVケアや美白ケアを怠るのは危険です。

 

妊娠中、若い頃にできて消えたと思っていたシミがまた浮かんできたという経験をする方もいます。

 

シミを作るメラニンは一度できた場所には再度できやすいと言われています。
消えたと思っていたシミがまた浮かんできたのはそのためです。

 

妊娠中のシミ 出産後にはもとに戻る?

妊娠中にできたシミが出産後、薄くなったからといって、スキンケアを怠っていると、同じ場所にまたシミが浮かんでくる可能性があるのです。

 

もういいや、と思って諦めてしまっては肌の状態はどんどん悪くなってしまいます。
妊娠中も肌にあった刺激のないアイテムでしっかり美白&UVカットケアを続けるようにしましょう。

 

ディセンシアの薬用美白ライン・サエルは妊娠中でも安心して使えると評判を呼んでいます。
肌の中からシミ徹底ケアしてくれるので、妊娠中に使い始めて出産後もそのまま使っているという愛用者も多い人気ラインです。